花っていいね!

野山に咲く花、公園や庭に咲く花を愛で、心をこめて育てた草木の開花を喜ぶ。そんなブログにしたいと思っています。

Entries

ノウサギと野鳥

 今日は花より動物とよく出会った。
しかも普段は滅多に出会わないものたちに。


ノウサギ

 ニホンノウサギ。
道端の荒地にいて、
車を停めても逃げなかったので、
窓を開けて、車中から写した。


ノウサギ

 夜行性の動物なので、
日中に出会うのは珍しい。


サメビタキ?

 夏鳥のサメビタキだと思うが自信は無い。
地味な小鳥だが、
囀る声は結構美しかった。


サンコウチョウ

 一度は出会いたかったサンコウチョウ。
囀っていたのでオスだと思ったが、
尾羽は短く、メスだったのだろうか?
あるいは若いオスかも?


サンコウチョウ

 サンコウチョウは、
京都府では準絶滅危惧種に指定されている。
次は尾羽の長いオスと出会いたいものだ。



 

今日はこの1枚

 先日見てきたキヨスミウツボ。


キヨスミウツボ

 まだ開花に至っていなかった。
昨夜からの雨で、一気に開花するかも知れないが、
脆弱な山の斜面に生えているので、
流出してしまったかも知れない。

 何に寄生しているのか、今年も探したが、
近くには、ミカエリソウが1本あっただけだった。



 

ナガエミクリとツバメシジミ

 自宅から車で10分もかからない所で、
昨年、ナガエミクリの自生地が見つかった。
そろそろ花が咲いていないかと立ち寄ると、
花をつけたものが1株だけあった。


ナガエミクリ

 最下の雌性花序の柄は葉腋から出ている。
画像で柄は見辛いが、
主軸と合着していないことはこれで判る。

 水田の片隅。
湧き水を逃がすために設けられた水溜りのような場所に、
ナガエミクリは生えている。
圃場整備後も生き残った幸運な植物だ。

 帰り際、草刈された畦道に、
ツバメシジミのペアがいた。


ツバメシジミ

 ごく普通のシジミチョウだが、
こうして見ると、
後翅のオレンジ色が可愛らしい。



 

ご案内

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

アタ

Author:アタ
中高年の男性
自生地:京都府中部

FC2ブログへようこそ!

最新記事

スポンサード・リンク

右サイドメニュー

検索フォーム

ぽちっとお願い

ブログランキング・にほんブログ村へ

ランキングに参加しています。
ぽちっと一押ししていただくと励みになります。

今までのお客様

ご訪問下さった方の累計です

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

このブログについて

 このブログのすべてのページはリンクフリーです。よければ下のバナー(200x40px)をお使い下さい。バナーは文字が読めれば小さく編集していただいても結構です。



 ブログ内の画像や文章について、その著作権は放棄しておりません。例え画像をサムネイルなどに利用される場合でも、メールかコメントにて必ずご連絡をお願い致します。