花っていいね!

野山に咲く花、公園や庭に咲く花を愛で、心をこめて育てた草木の開花を喜ぶ。そんなブログにしたいと思っています。

Entries

山間の溜池(夏)

 山間部にある小さな溜池2ヶ所を回った。
最初に訪ねたのは、浮葉植物の多い池。

 今回は動画の撮影をしたので、
以下の画像はすべてビデオ・キャプチャーです。


ヒツジグサ

 ヒツジグサ。
白い花がたくさん浮かんでいた。
同じ池にジュンサイもあり、
こちらも花期に入っているものの、
花が開いたものは1個も見つからなかった。
画像の中の鮮緑色で楕円形の葉がジュンサイ。

 この池の植物は、
ヒツジグサ、ジュンサイ、フトヒルムシロにタヌキモspだが、
冬場にはフトヒルムシロ以外は姿を消す。
冬場に多く見られるのは、


フラスコモの仲間

 このフラスコモの仲間。
水中のホコリを全身にまとっている。
池の透明度は低く、
冬季しか水中の絵は撮れない。

 次に訪ねた溜池も、透明度は年中低い。


ミズユキノシタ

 ミズユキノシタ。
湿地では匍匐するミズユキノシは、
水中ではこのように立ちあがる。
水中葉はとても柔らかく、
水槽などで水温が高くなるとすぐに溶けてしまう。


タヌキモの仲間

 根を持たないタヌキモの仲間。
溜池の岸辺に寄せられて、浮いているものが多い。
長いものでは60cmほどあった。


ミクリの仲間

 ミクリの仲間とホソバミズヒキモ。
おそらくヤマトミクリだろう。
すぐ近くの湿地には群生していて、
ちょうど花もつけていた。
しかしこの池では、
水面から葉を出すものは見当たらない。
浅い場所に生えているのに、
葉を出さないのは以前から不思議に思っている。


ホソバミズヒキモ

 ホソバミズヒキモ。
まだ浮葉を出しているものは少なかった。

 最近この溜池ではコイが増えてきた。
ミシシッピアカミミガメのデカイのもいて、
これら植物の将来を心配している。
実際に昨年見られたヒツジグサの葉と、
カンガレイの仲間の姿は今回確認できなかった。



 

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

アタ

Author:アタ
中高年の男性
自生地:京都府中部

FC2ブログへようこそ!

最新記事

スポンサード・リンク

右サイドメニュー

検索フォーム

ぽちっとお願い

ブログランキング・にほんブログ村へ

ランキングに参加しています。
ぽちっと一押ししていただくと励みになります。

今までのお客様

ご訪問下さった方の累計です

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

このブログについて

 このブログのすべてのページはリンクフリーです。よければ下のバナー(200x40px)をお使い下さい。バナーは文字が読めれば小さく編集していただいても結構です。



 ブログ内の画像や文章について、その著作権は放棄しておりません。例え画像をサムネイルなどに利用される場合でも、メールかコメントにて必ずご連絡をお願い致します。